とことん自分を甘やかす

 

 

自分を甘やかすことが苦手な方は多い、特に日本人は。

 

 

休むこと、何もしないことに罪悪感を感じて、やりたくもないことばかりして、どんどんどんどん消耗していく。

 

 

もう少し自分を労わって甘やかしたらいいのではないだろうか。

 

 

「無責任なこというな!この甘ちゃんが!」と思われるかも知れない。

 

 

しかし、そうしていないと、いつか糸がプツンと切れてしまう。

 

 

自分で自分を苦しめない。

 

 

とにかく、今、具体的に動けていなかったり、満足な仕事が出来ていないと将来のことも不安になったりするけれど、

 

 

でも、将来のことばかり考えるのってどうなのか?

 

 

人生は今の連続であり、今という鎖が繋がって将来という概念が生まれているだけ。

 

 

だから、今に集中して、

 

 

今を心地よく過ごせるようにすることからはじめてみたい。

 

 

今に意識を向ける。

 

 

「今を、生きる」

 

 

極力、もう過ぎ去っていった過去の出来事や、まだわからぬ将来について考え過ぎてしまうことはやめる。

 

 

それが、幸せになれる秘訣なのかもしれない。

 

 

朝、天気が良い事に素直に感動したり、

 

 

お洒落を心から楽しんでみたり、

 

 

草花の綺麗さに心を奪われたり、

 

 

美味しい料理を食べてゆっくり眠る幸せを噛み締めたり、

 

 

1杯のコーヒーの味を堪能したり。

 

 

「今」に集中する。

 

 

別に、無理に幸せを感じようとはしなくてよい。

 

 

ただただ、

 

 

「今」以外のことを考え過ぎて自分で自分を苦しめるよりは、

 

 

「今」に集中して、自分を甘やかしてあげる方が幸せになれる。

 

 

真面目過ぎて苦しいなら、

 

 

自分に課す荷物を軽くしたらどうか。

 

 

自分を守れるのは自分だけなのだから。