生きていればいいことあるさ

 

 

たとえ今日という日に嫌なことがあっても

 

明日はまた違う1日がはじまる。

 

嫌な感情は永遠に続くものでもなければ、

 

消しさることができるものでもない。

 

もう、立ち直れないくらい、つらくて、苦しい時だって、永遠に続くわけではない。

 

だから、もう少し力を抜いて、生きてみる。

 

 

他者に対する羨ましさや、嫉妬、自分の不甲斐なさを感じてしまうとき、生きづらさに苛まれどうしようもなくなるとき……

 

色々あるけれど、少し時間が経つと、いつものお菓子の甘さや布団の暖かさにこの上ない幸せを感じられたりもする。

 

 

人生はままならないものだということを受け入れ、

 

自分を認めて、ゆったり、気負わずに。

 

考え過ぎずに、気がむくことをしてみる

 

他の人と同じである必要はない

 

 

もっと、自由に

 

もっと、気楽に