検索しても答えは見つからない

 

 

Google先生Yahoo!先生に聞いても、答えは見つからないんだ。

 

 

 

なんの答えかって???

 

 

 

それは、「人生」の答え。

 

 

 

いわば、哲学的なもの。

 

 

 

検索で答えが見つかるのは、はじめから答えが決まっているものだけ。

 

 

 

親子丼の作り方とか、猫の種類とか、花の名前とか、足し算の答えとか、単語の意味とか、地図とか。

 

 

 

反する、答えがはじめから無いもの、人によって答えが異なるものは、検索しても答えは見つからない。

 

 

 

それは人生における問題、

 

どんな道に進むことが正解なのか

愛とは何なのか

生きている意味とは

どんな人を選ぶと幸せになれるのか

 

 

 

総じて生き方に関するものはもう、人それぞれ。

 

 

 

 

例えば、少し、心が疲れ気味で何もやる気が起きないな~、という時。

 

 

 

深刻であれば、自分で休むことを選択することが最良である時に、

 

 

 

ネット上の、「気合い」とか「頑張りが大事」とかそういう情報を目にして、休んでたらダメだ、もっともっと頑張らなくては、と思い込んで自分を追い詰めてしまったり。

 

 

 

逆に、なんか疲れたなー。と思ってる時でもそこまで精神ダメージない時でも、「ゆったり生きるのがいいよ」「スローライフ送ろうよ」とか、そういう甘い言葉を見て、頑張ることは良い事ではないのだと思い込んでしまったら、ただの怠け者になる。

 

 

 

 

また、「音楽で食べていきたいなー。けど、上手くいくかなぁ。」と思って、ネットで色々検索すると、

 

 

 

「音楽なんかで食べていける人なんてほんのひと握りだから辞めておけ。普通サラリーマンが一番。安定一番。」みたいな情報が溢れているから、それに影響されて、

 

 

 

「あぁ、自分には無理だよな。別に才能もないし。やっぱりサラリーマンで頑張るのが正解かな。」って、ネット検索しただけで、やってみてもいない段階で、思い浮かんだ夢を諦めてしまう。

 

 

 

 

もしこの時ネットが無かったら??

 

 

 

自分でとりあえずやってみるしかないし、

それでもし失敗したとしてもその先にまた面白いことが待ち構えてるかもしれないし、

 

 

 

とにかく、自分の人生なんて、自分で生きてみないと、なんにもわからないし、ましてや最善策なんて、検索しても見つかるわけない。

 

 

 

 

自分の人生、自分で切り開けなくなってしまった人が、どれだけいるのだろうか。

 

 

 

 

今、ネット社会を生きる私達は、「検索しても答えは見つからない」ことをちょっとだけ意識して、検索するより、Siriに話しかけるより先に、画面の中ではなく、リアルな世界で、アクションを起こしていくべきなのではないだろうか。