人生、ダメでもともと

 

 

皆様、あけましておめでとうございます。

本年も、このような至らないところだらけの女子大生のブログではありますが、皆様に楽しんで頂けるような記事を書けたらなと思いますので、末永くよろしくお願い致します!

 

 

さて、最近考えていることを書かせていただきます。

 

 

最近、色々な経験や挑戦をしていく中で発見したことなのですが、やっぱり、人生はどうしても上手くいかないことが多い。

 

 

人と上手く行かなかったり、失敗ばかりで嫌になったり、自分への嫌悪感で消えてしまいたくなったり。

 

 

それで、苦しくなりました。本当に。

何をやってもダメな自分、誰からも愛されない自分、才能も何も無い自分、仕事や勉強が出来ない自分。

 

 

それで、すごい苦しかったし、死にたい気分にずっと苛まれたりしていたけれど、そんな中で頑張っていると、たまーに、稀にですよ、稀にですが、いいことがあるんです。

 

 

気になる人と楽しい会話が出来た、仕事で意外と上手く動けた、お店でサービスをして貰った、友達と楽しい話で笑い疲れた……とか。

 

 

苦しくて仕方がない中でいいことがあると、やっぱり幸せなことって、強調されてきます。それが他人から見たら大したことがない、当たり前の幸せだったりしても。

 

 

そういうことを経験し、人生全般に期待し過ぎて、そうでもない現実に嘆くようになり死にたいなんて思うより、

 

 

最初から人生に大して諦め半分で、期待なんてしないでおく。

 

 

ここでのポイントは、諦めるといっても、対価を諦めるということであり、行動を諦めることではないので仕事辞めたりはしないでくださいね。笑

 

 

ダメでもともと、と思って行動するんです。

 

 

「片思い中の人に、ダメでもともと、と思ってアプローチしてみる」

 

「仕事で、今日もたぶん上手くいかないだろうな、でもそれが当たり前。」

 

「別に今日もいつもと変わらない1日だろうな」

 

 

とかこんな具合で物事に対する期待値を少し下げてみると、

 

「あれっ、意外といいことあるな?」

 

 

なんてことに気づいたりしますし、別にいいことなんてないのがデフォルトなのですから、いいことなくても、悪いことあっても、落ち込みは少ないです。笑

 

 

こんなしょうもない考え方ですが、今がつらい方などはとくに、実践してみてください!

 

 

少し楽になりますよ

 

 

ではまた!!