成人式に行かないということ

 

ついに、成人式ですね。

 

 

わたしも1996年生まれですが、

とりあえず、

簡潔に言うと、

 

 

成人式に行きません!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

理由は「めんどくさい」「友達がいない」「さむい」「式に価値を感じない」ですね。なのであとで振袖着て写真だけ撮らせていただきます。

 

 

いや~なんだかなぁ。自分はこんな風に大人になってしまったのですね。

 

 

親やお世話になった方々への示しをつけるという意味でも、普通は、普通はね、参加しますよね。ハタチにもなって、そんな、自分本位で考えて、感情だけで「行きたくない」って、子どもかよって。

 

 

でもね、ごめんなさい、無理なんです。

 

 

なんというか、体が拒否反応を起こします!!!!あの、修学旅行や体育祭や文化祭の時のように!!!!!!

 

 

うわあ考えただけでも具合悪くなってきましたごめんなさい……

 

 

ほかの人から見ればただの「わがまま」に見えるかも知れないし、確かにそうなんですが、自分にとって成人式に行かないということ自体が自己主張であり、ポリシーでもあったりするんです。すっごいくだらないポリシーですけど。長いものに巻かれない性格なんです……。

 

 

こんなひねくれた性格のせいで、これまで様々な苦労を経験してきました。笑

(とくに人間関係)

 

 

こんな奴のことを好き好む方がアレなんですかね、よくわからないけど、とりあえず、器用に生きる の反対の生き方でしか生きれないような人間なので色々な人の反感を買ってきたし、これからも色々なものに小さく地味に反抗し続けます。直せないんです。ひねくれていて、曲がっていて。

 

 

でも、これが自分なりの、「まっすぐ」な生き方。

 

 

なんかとってもくだらないですよね、ごめんなさい。

 

 

本当はもう少しまともな大人になってたはずなんだけどね。