リスクをとる

 

 

 

安全ばかりを選んで生きていたら

生きている心地がしなくなった

 

 

好きなことをすることも

自分には力量不足だと自分自身で自分を抑えつけ

心の悲鳴も聞かないふりをしていた

 

 

他人の言う通り大人の言う通りにいい子にしていれば

報われて快適に生きていけるものだと思い込んで他人本位の選択をしてきた

 

 

安全に、ふわふわと、ただようように、生きていければいいなんて思っていた

しかしそれは違ったらしい

 

 

自分の人生、自分のものだという当事者意識を持たないと

そして、その自分の人生に対し責任を持たないと

人間は生きていけないらしい

 

 

リスクを避けて温室にばかりこもっていると

なんのために生きているのか分からなくなる

 

 

安全策を選んだはずなのに

何故か気持ちは暗く沈んでいた

まるで全てが終わってしまったかのように

死にたいなんて感情だってふつふつと湧いて

頭を蝕んでいった

 

 

これではなんにも安全では無かった

最初からリスクを取るべきだ

はじめる前から諦めるな

 

 

もっと自分に期待して

もっと自分を信じて

もっと前向きに考えて

 

 

どうせ最後は死ぬんだから

積極的な選択をして

人生を進めるべきであり

 

 

そうしないと

つまらない大人になって終わり

 

 

つまらないと感じるうちに

もっと自分の心が喜ぶ選択を

もっと心の声に率直になって

 

 

無限の可能性を信じて

今はまだ分からないけれど

きっと晴れ間もあると信じて

 

 

夢をみても罰は当たらない